手術を勧められたばね指が自力で曲げられるようになりました。

お客様写真

最初は左手の親指の第一関節に違和感を感じ始め、それがどんどん悪化していって最終的には自力では曲げられないような状態になっていました。

 

そのため、親指を使う動作が全般的にやりにくくて、日常生活や仕事にもかなり不便が出てきて困っていました。

 

整形外科でみてもらった結果、バネ指という診断を受け、そこでステロイドの注射を1回してもらいましたが、少し良くなるだけで自力で曲げられないのは変わりませんでした。

 

2回目の注射までは少し間隔を空けないといけないようで、また「このまま改善しなければ手術です」とも言われていたので、手術はせずに改善する方法がないか、セカンドオピニオンを受けてもいいかなぐらいの感じで、ネットで「バネ指 治療」と調べていたらとこちらの整体院を見つけました。

 

施術をしていただいて、正直のところしばらくはあまり変化がありませんでした。

 

ただ自分でも1、2週間では改善するものではないと理解していましたし、先生も「最低でも2、3ヶ月はみてください」とおっしゃっていたので、とにかく信じるしかないという気持ちで続けることにしました。

 

今思い返すと、先生は噓をついているようには見えなかったことと、あれだけ先生がおっしゃるんだから絶対結果が出ないということはないだろうなという感覚で信じてお願いしたのだろうなと思います。

 

私の体はかなり血行が良くなかったようで、そこを良くすることが症状の改善に向けて大事になってくるとのことでした。

 

私もその仕組みには共感できるものがあったのですんなり受け入れられました。

 

施術と先生から教えていただいたセルフケアも同時にやっていくことで、徐々に血行が良くなったのか、バネ指の状態も好循環になり、そこからは加速度的に良くなっていきました。

 

バネ指が再発しない血行がいい状態が維持できるように、これからも体のケアをお願いします。

S.Yさん 自営業 50代

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

注射をしても変わらなかったばね指が改善しました。 お客様写真
年を追うごとに花粉症が楽になっていっています。 お客様写真
肩こりからの眼精疲労が良くなった お客様写真